飲食店オープンに必要な資格と申請

飲食店を開業するには、業種業態により資格取得、各行政諸官庁への申請や許認可が必要になります。
飲食店、食品製造販売、小売業、理美容室、ホテル、旅館、民宿など、事業内容により必要な資格免許、許認可の内容は異なります。
今回は飲食店(カフェ、レストラン、居酒屋、バー、料亭など)の開業時に必要な資格、申請・許認可の内容を紹介していきたいと思います。

飲食店開業に必要な2つの資格

飲食店を開業するには「食品衛生管理者」と「防火管理者」の2つの資格が必要です。前者は食品衛生上の管理運営に当たることを職務とし、飲食店営業を営業する場合には必ず、各施設に1人置かなければなりません。後者は収容人数30人以上で、延べ床面積が300平方メートル未満の店の場合は乙種、それ以上の場合は甲種が必要になります。

調理師免許は国家資格であり、国家試験に合格するか、所定の調理師学校を卒業するかのどちらかで取得することができます。ただし、調理師免許がなくても飲食店の開業は可能です。最近では野菜ソムリエなどの資格を取得し他店との差別化をはかる経営者もいます。

飲食店開業に必要な申請・許認可

飲食店を開業するには、営業予定地となる管轄の保健所で「飲食店営業許可証」を取得する必要があります。
飲食店営業許可証を取得するのに必要な要件と書類の申請・許認可の内容について確認してみましょう。
主な申請書類と必要な資格は以下の通りです。
* 申請書類
* 営業許可申請書
* 営業設備の大要・配置図
* 食品衛生責任者の資格証明
* 防火管理者選任届
* 登記事項証明書(法人事業主の場合)
* 深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書(深夜0時以降も酒類を提供する場合)
* 風俗営業許可(料亭、キャバレー、クラブなど)
* 特定遊興飲食店営業の許可申請(ライブハウス、ナイトクラブ、スポーツバーなど)
* 水質検査成績書(貯水槽使用水、井戸水使用の場合)

まとめ

開業するエリアや業種業態により施設の要件は細かく規定されています。
開業する際に「保健所の許可がおりない」「消防署の許可がおりない」「追加工事が必要になってしまった」といったことにならないように、事前に管轄する行政諸官庁へ相談と確認することをオススメします。